公的年金の繰下げ受給はお得か?

お問い合わせはこちら

公的年金の繰下げ受給はお得か?

公的年金の繰下げ受給はお得か?

2021/04/13

公的年金の繰下げ受給はお得か?

サブタイトル

皆さんは公的年金の繰下げ受給を御存じですか?
公的年金は原則、65歳から受給開始となります。

この受給開始時期を1カ月遅らせると0.7%年金受給額が増えます。
現在は70歳まで最大5年間繰下げを行うことができるので、
その場合は、0.7%×12カ月×5年で42%増加します。
(来年4月からは75歳まで繰下げ可能となります)

では、この繰下げ受給はお得なのでしょうか?

厚生年金が月額16万円(年額192万円)の場合で考えてみましょう。
42%増えるので、1年間の受給額は
16万円×12カ月×1.42=272.64万円となり
年間80.64万円増える事になります。

ただ、65歳から5年間は無年金となるので、
16万円×12カ月×5年=960万円がもらえないことになります。

損益分岐点を考えると、
960万円÷80.64万円=11.9年となり、
82歳まで受給できると繰り下げた場合の方が受給額が多くなります。

この年齢については、どのような感覚をお持ちですか?
厚生労働省が公表している簡易生命表(令和元年度版)によれば、
70歳の平均余命は男性で15.96年、女性で20.21年です。

65歳以降も就労収入が見込めて、健康に不安の無い方は繰下げ受給も考慮に入れても良いかもしれませんね。

ただし、この試算は額面金額で計算しています。
実際は手取り額で考えていかなければなりません。
年金受給額が増えるという事は、所得税・住民税が高くなりますし、
国民健康保険料や介護保険料の負担も上がるかもしれません。
受給する年金の金額や基礎年金と厚生年金のバランスでも変わってきます。

結局は、ライフプランを作成してキャッシュフロー表を見ながらシミュレーションを
してみないと明確な答えは出ないという事になりますね。

将来の働き方を考える際の参考にもなると思います。
ぜひ、ライフプランを作成しましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。